非常に簡単だけどやってみると難しい一品料理

とても美味しいしゃきっとした食感が病み付きになる、蓮根入り煮込みハンバーグ料理のレシピをまとめました。

とても美味しい蓮根入りの煮込みハンバーグ料理

非常に簡単だけどやってみると難しい一品料理 私はハンバーグが大好きで、良く家で料理します。シンプルなハンバーグも美味しいですが、ハンバーグに入れる具材に蓮根を入れて調理するのが好きです。食感が残るくらいにみじん切りした蓮根が、噛むとシャキシャキして、とても美味しいハンバーグとなります。

作り方は、シンプルなハンバーグの作り方とあまり変わりませんが、私はいつも3人分くらいの量で作るので、合い挽き肉は大体350gほどに玉ねぎが半玉、蓮根は100g位入れて作ります。蓮根は、60g位をすりつぶし、あとの40gを歯触りが良くなるようにみじん切りします。玉ねぎのみじん切りよりは大きめにざっくり切るのが美味しくなるポイントです。玉ねぎにだけ火を入れて、冷めたら他の卵やパン粉、合い挽き肉、蓮根といっしょに混ぜてタネを作り、ハンバーグの形を作ります。そして、冷蔵庫で寝かせフライパンで焼いていきます。このあとは、デミグラスソースにハンバーグを入れて煮込みますが、私は市販のソースにしめじを入れてハンバーグを煮込みます。

これで蓮根入りのハンバーグの完成です。作る時に、煮込むデミグラスソースを少し薄めにしておくと、煮込んだ時に濃すぎず、程よい味となります。蓮根のシャキシャキ感としっかりと味の付いたハンバーグのお肉が食欲をそそるレシピです。

おすすめサイト

Copyright (C)2017非常に簡単だけどやってみると難しい一品料理.All rights reserved.